エステサロンの内装工事費と坪単価を公開

内装工事費はエステサロンを開業するために必要となる資金の中でも大きな割合を占める重要な項目だ。そのため、適正な費用で工事を実施して初めてオープン後の経営も安定するといっても良いだろう。。

しかし、イメージだけが先行してしまい、自分が思う内装空間と実際の工事費用の乖離に悩む経営者が多いのも事実だ。

資金計画が破綻しないためにも、事前にどの程度の内装であればどの程度の費用がかかるのか、相場感を把握する必要がある。今回はアーキクラウドの事例を元に解説させて頂く。

エステサロンにおける内装工事費とは何か?

まず内装工事費の範囲について定義したい。内装工事とは内装の仕上げや空調や照明などの設備に必要となる費用で、家具や機材類は工事に含まれない。(作り付けの家具については工事費に含まれる。)

内装工事業者に発注する費用と言えば理解しやすいだろう。もちろん家具や機材類を内装工事業者に依頼することは可能だが、余分な経費が必要になるので高くなることが多い。よってオーナー自ら購入した方が良いだろう。

 

坪単価20〜30万円の内装グレード

エステサロンといっても様々なグレードがある。そのグレードによって内装工事費は大きく異なるのだ。それでは事例を見ながら説明していこう。

 

エステサロン銀座内装工事

<内観>

エステサロン施術室ベッド

<施術室1>

 

エステサロン待合スペース

<待合スペース>

エステサロン施述室内装デザイン

<施術室2>

 

場所 東京都中央区銀座
用途 エステサロン
面積 15坪(49.5㎡)
工事種目 内装工事
工事金額 1,600,000円
単価 10,6万円/坪

 

上記事例は、それほどグレードが高くない内装となる。必要最低限の仕上げであれば坪10万円台でも可能ということだ。但し今回の場合空調工事が不要であったために安くなったが、通常は坪単価20万円以上は必要となる。

コストを抑えるポイントは無駄な装飾を一切無くして、シャンデリア照明とカーテンに絞ってゴージャス感を演出させた点だ。こだわる部分を絞り込むことで、コストを抑えてイメージを実現化できた事例と言える。

しかし、安易に低価格に走ってしまうのは良くない。エステサロンのお客様は日常の疲れを癒し、美を求めて来店される。訪れた店舗が美とはほど遠い、なんの変哲もない空間であれば、二度と訪れることは無いだろう。

という意味では今回の事例は安さと最低限の空間演出を見事に調整した案件であると言える。
 

坪単価30〜40万円の内装グレード

下記の事例はグレード高めのエステサロンだ。上記と比べて頂くと明らかにその違いがわかると思う。

 

エステサロンエントランス装飾扉

エントランス装飾扉

京都エステサロンガラス扉

エントランスガラス扉

エステサロンエントランスホール受付

エントランスホール

エステサロンパウダールーム/京都

パウダールーム

エステサロンの洗面所

洗面所

エステサロン施術室/京都

施術室

 

場所 京都市中京区
用途 エステサロン
面積 19坪
工事種目 内装工事
工事価格 5,500,000円
単価 29万円/坪

 

ポイントはやはり装飾へのこだわりだろう。扉一つにしても、百合のプレス装飾を用いている。また扉の一部をガラスにするなどのこだわりもある。(ガラスは建材の中でも最も高い材料)パウダールームには作り付けのカウンターを設置している。

また仕上げに関しても、コージャス感溢れるタイルカーペットを使用し、トイレの壁面もタイル仕上げだ。因みにトイレには乾式と湿式がある。乾式は通常の室内と同じ様に、壁をビニルクロス、床をビニルシート等で仕上げるのだが、湿式はタイル仕上げとなる。当然のことながら湿式の方が高くなるが、内装のグレードは高くなる。

 

内装工事費を安くする方法とは?

内装工事費を安くするには上記の様に単純に内装のグレードを下げればいくらでも工事費を下げることはできる。既にお判りだと思うが、それでは意味がない。

やはり、グレードはそのままで工事費を下げることができればこれほど嬉しいことは無いだろう。そのためには実際に工事をする内装工事会社の利益を削るか、技術的な解決や長年のノウハウで工事費を下げていくしかない。

それを実現するには、複数の会社に見積もりを取り、比較をする方法が有効だ。競争原理を働かせることで、内装工事会社は自らのノウハウを駆使して工事費用を下げようと努力し、どうしても受注が欲しい場合は利益を削ることも厭わないだろう。

これは資本主義の原理原則ではあるが、内装工事に限って言うとその手間のせいか、たった1社に見積もりで済ませてしまう経営者が多いのも事実だ。それは「工事費用は自由に決めてもいいですよ。」と言っているのと変わらないといっても過言ではないだろう。

アーキクラウドではこの様な問題を解決するために、実績や経験が豊富な内装工事会社を複数社無料でご紹介するサービスを実施している。上記事例でも弊社サービスを利用することで通常のグレードから坪単価が5〜6万円程度低くなっているのが見て取れる。

「内装工事見積もり比較/アーキクラウド」

 

まとめ

上述した様に内装工事費はエステサロンの核となる重要な要素である。内装建築業界は昔から下請け構造や談合で、工事費なかなか下がらず、発注者にとって不利な業界であると言われてきた。専門性が高く相場が不明という点もその理由だろう。今回の記事で相場感を把握して頂き、複数の見積もりを比較する作業を進めて頂ければ、工事費は適正化され、オープン後の負担も低くなるだろう。是非、積極的にチャレンジして頂きたい。

 

株式会社 アーキバンク
株式会社アーキバンク
建築に関わる専門知識、経験を活かし、建築や内装に関わる「ヒト」「モノ」「サービス」を効率的かつ有効に結びつけるため、建築関連のWEBメディア事業を中心に、WEBコンサルティング事業を展開。
この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ