整骨院、接骨院、鍼灸院の内装デザインについて新規開業オーナーが知っておくべき素人でもわかる6つの項目について

整骨院の内装デザインは店舗の集客に影響を与える重要な要素です。にも関わらず、デザインを決める上で何が重要なのかわからないという整骨院、接骨院、鍼灸院の新規開業オーナーが多いのが現実です。

アーキクラウドで実際に工事が行われた案件から得た情報を基に、内装デザインを決定する上で重要な項目を検証します。

年間数十件の整骨院の内装工事を成約している実績があり、その中で工事会社や施主にヒアリングを行い内装デザインを決定する上で重要だと思う項目を聞き取りました。

 

 

「整骨院、接骨院、鍼灸院の内装デザインと集客の関係について

整骨院、整骨院、治療院を経営する上で最も重要な要素は整体師さんの腕(スキル)です。これは間違いありありません。

しかし近年整骨院、接骨院、鍼灸院の数の急増と共にお客様の層も幅広くなりました。例えば若い女性が、腕は良いがみすぼらしくて汚い整骨院Aと、腕は普通だが小奇麗でお洒落な整骨院Bとどちらを選ぶでしょうか?答えはBです。

やはり見た目は重要です。いくら腕が良くてもその腕は店舗に入ってもらわなければ、体感してもらうことはできません。みすぼらしい店舗では今まで培ってきた整体師さんの腕を披露することさえできない危険があるのです。

最初の一歩を踏み込んでもらうためにも整骨院、整体院、治療院の内装デザインは集客の上で重要な要素となるのです。

 

 

「まずは整骨院の内装デザインの事例を知ろう」

まずは、どの様な内装デザインの種類があるかイメージをつかむことが重要です。

こちらは最も一般的なタイプの整骨院、治療院です。

床はタイルカーペットに、壁はビニルクロス、天井は化粧石膏ボード。簡素で工事費用は安くなりますが、他との差別化を計るにはインパクトは弱いです。

整骨院内装デザイン

 

続いてが少しお洒落なタイプの内装デザインです。床はグレードが高めのタイルカーペットを使い、壁にはダイノックシートと呼ばれる木調プリントのシートを使うことが多いです。

濃い目の色使いをすることで空間が引き締まり高級感を演出することができます。もちろん工事費は上記の通常タイプに比べると高めとなってしまします。

整骨院、接骨院、治療院内装デザイン

 

続いてはナチュラル系のデザインとなります。木や緑を全面的に採用し癒しをテーマとした空間を演出します。最近では少しやり過ぎではというデザインも多いのですがこれもご愛嬌。この様な内装を採用している整骨院の数も少ないので、他都の差別化を計るには断然有利です。

整骨院内デザイン緑

 

 

「接骨院の内装デザインを決める前に準備をしておくべきこと」

内装デザインを決める前に必ず自分がイメージするデザインを内装工事業者に伝えることをしましょう。

何も伝えなければ普通の整骨院となってしまいます。他との差別化も計ることは難しいでしょう。雑誌の切り抜きやwebサイトの施工例でも良いので、自分がこれだと思うデザインがあれば積極的に内装工事業者に伝えることが必要です。

またデザインが気になる店舗があれば住所を内装工事業者に教えて実際に現地で見てもらうのも有効です。

 

 

「デザイン決定のポイントとは?」

イメージを伝えれば内装工事会社がデザインを案を提出してくれます。この際の注意点としては、平面図や展開図だけでなく、パースか模型を作成してもらう様にしてください。

2次元の表現ではなかなかイメージがつきにくいです。3次元の表現であれば実際の雰囲気がイメージし易くなります。

使用する内装素材についてはメーカー名と品番まで詳しく確認して下さい。例えばタイルカーペットにしてもピンからキリまであります。

見積り上は高めに入れといて実際には安いもの使用する事例はたくさんありますので、それを防止するためにも必ず確認しましょう。

 

 

「内装工事中の注意点について」

デザインもなんとか決まりさあ工事開始!後は工事会社にお任せ!!実はこれではいけません。

工事が実際の図面通りに進んでいるか、自分がイメージするデザインと異なるところは無いか?こまめに現場をチェックする必要があります。

工事の途中段階であれば何とか修正がつく工事も、工事がある程度進んでいくと修正が不可能なことも多々あります。ですから、現場をチェックすることが重要なのです。

但し明らかに無理な修正願いは止めましょう。後で追加工事額を請求されることもありますので、工事会社が納得した上での修正であることが重要です。

 

 

「内装工事完了後に気をつけるべき点とは?」

無事工事が完了したとしても安心してはいけません。引き渡しを受ける前の工事の最終チェックはあなた自身で行いましょう。

塗装のムラや塗り忘れは無いか?ビニルクロスの剥がれや傷は無いか?タイルカーペットの浮きは無いか?など入念にチェックして下さい。

上記の様なレベルであれば引き渡し前であれば無料で修正をしてくれるでしょう。但し引き渡し後となると追加工事費を請求されることもありますので注意が必要です。

 

 

「最後に」

整骨院、接骨院、鍼灸院の内装デザインは新しく開業する店舗の経営を左右するおおきなポイントです。であるが故に今回の様に工事の段階に応じたステップを踏んでいくことが重要なのです。

もちろん整体師の腕が最も重要な要素となりますのでそこは疎かにしないで下さい。

 

開業をお考えの地域で、整骨院、接骨院、治療院の内装工事の実績があり、経験豊富な優良内装工事業者から無料で見積りとデザイン案をご提案させて頂きます。
「内装工事見積り比較/アーキクラウド」

 

 

 

株式会社 アーキバンク
株式会社アーキバンク
建築に関わる専門知識、経験を活かし、建築や内装に関わる「ヒト」「モノ」「サービス」を効率的かつ有効に結びつけるため、建築関連のWEBメディア事業を中心に、WEBコンサルティング事業を展開。
この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ