内装屋、内装業として独立するための具体的なステップとは?

これから内装屋として独立しようとするあなたにとって、開業に向けた具体的なステップは最も気になるところでは無いだろうか?

内装業を含め建設業界においては、独立している人が多い。しかしながら、独立に関するしっかりとしたプロセスが体系化されていないのが事実だ。

今回はそのような問題を解決するためにも、あなたが内装屋として独立するためのステップについて具体的に解説させて頂く。

内装屋として独立するために許可は必要か?

まずは内装屋として独立するために必要となる環境を整えよう。まず守らなければいけないのが法律だ。建設業法において、建築工事を請け負うには「建設業の許可」が必要となる。

建設業の許可には次の4つの許可要件が必要だ。

 

「1.経営業務の管理責任者 」
「2.専任技術者 」
「3.誠実性 」
「4.財産的基礎等」

 

具体的には実務経験や国家資格など様々な条件が必要となる。そのため、そう簡単には許可を得ることはできない。しかし、建設業法では「軽微な建設工事」を請け負う場合は必ずしも建設業の許可が必要というわけでないということになっている。

 

軽微な建設工事とは?

では、 軽微な建設工事とはいったい何だろうか?法律では下記の様に記載されいている。

①建築一式工事については、工事1件の請負代金の額が1,500万円未満の工事または延べ面積が150㎡未満の木造住宅工事

②建築一式工事以外の建設工事については、工事1件の請負代金の額が500万円未満の工事

①については、建築工事に関することなので、 内装業で独立しようとするあたなには関係のないことだ。無視しても構わない。問題は②についてだ。内装工事は記載されいてる「建築一式工事以外の建設工事」に含まれる。

よって、工事1件の請負代金が500万円未満であれば、「軽微な建設工事」に該当することになる。つまり建設業の許可は不要ということだ。よって許可なしで開業する場合は、この500万円という数値を頭に入れておこう。

 

法人か個人事業主か?

内装業を開業する場合、法人として行うか、個人事業として開業するかという選択がある。判断材料としては、税金と融資だ。初年度の利益が500万以上出るのであれば、一般的には法人とした方が税制的に有利と言われている。

また、銀行からの融資を受ける際、法人化した方がメリットが大きいという点がある。内装業に限らず建設業は銀行からの融資が必須の業種でもあるため、銀行と信頼関係を築きながら末永く付き合っていくためには、法人化は避けては通れない道と考えた方が良いだろう。

しかし、法人化には数十万円の費用が必要となる。費用的に厳しい場合は、無理をする必要は無い。個人事業主として地道に売上と利益を伸ばして行き、時期が来た時に法人化すれば良い。

まとめると、ある程度自己資金があり、利益が見込めるのであれば法人化した方がメリットが大きいということだ。

 

初期の運転資金はどうすれば良いか?

上述した通り、内装業を含め建設業を営むには融資は避けては通れない道だ。最終的には銀行との良い関係を築き、継続的に融資を受けることがベストではあるが、実際に開業時点で銀行から融資を受けるのは難しいだろう。

銀行は今までの実績を重視するからだ。ではまだ実績の無いあなたはどうすれば良いのだろうか?そこで活用したいのが日本政策金融公庫の「新創業融資制度」だ。

この制度を利用すれば、実績が無くても最大3000万円(内運転資金は1500万円)の融資を得ることができる。しかも無担保、無保証人で自己資金は希望融資額の1/10で良い。この制度を利用しない手は無いだろう。

また近年においては日銀の質的量的金融緩和の影響もあり、融資の審査も低くなっているという追い風がある。これから開業をするのであれば是非ともこの流れに乗って頂きたい。

 

組織体系はどうすれば良いか?

内装屋といってもそのスタイルは様々だ。純粋に工事を自社で行う場合、工事は下請けに外注で管理のみの場合、設計から工事まで全て自社で行う場合など。。

あなたの能力や人脈によって組織体系は変わってくるが、数多くの内装工事業社と接してきた経験から、最もお客さまの満足度が高いのは「自社で設計を行い、工事においても職人を抱えて自社で工事をする会社」と断言できる。

このような会社は当然のことながら、設計変更にも対応が早いし、工事の補修やメンテンナスについても迅速な対応が可能だ。受注率やリピート率についても圧倒的にこのような内装工事会社が高い。

これから開業を目指すのであれば、このような会社を目指して組織を作っていってはどうだろうか?成功する確率はかなり高いだろう。

 

集客はどうすれば良いか?

どれだけ技術力に自信があり、設計能力に優れ、価格競争力があったとしてもお客さまがいなければ全く意味が無い。集客はあなたがこれから開業する会社の根幹となる最も重要な要素となる。

しかし、ただでさえ激務で忙しい内装工事業務を営みながら同時に営業活動などできるのだろうか?多くの建設会社、工務店において工事部門と営業部門を分離しているのも、両者の両立が困難であるから他ならない。

では、開業したての状況で営業担当を雇うことができるだろうか?資金面からみて難しいだろう。

この様な問題を解決するためには、お客さま紹介してもらう方法が最も適していると言える。アーキクラウドではリスク無い形で内装工事をしたいというお客様を紹介するサービスを提供している。 集客が不安だという場合は是非とも活用して頂きたい。詳細は下記より確認できる。

「提携内装工事会社募集/アーキクラウド」

 

最後に独立を考得ている方へ

このように内装業で独立するためには多くのスッテプが存在する。しかし何よりも目指すべきは信頼と評価を積み重ねて、着実な売上高を上げていくことだ。そのための手段として上述した組織体系を実践し弊社サービスを活用して頂きたい。もし独立する上で不明点や不安があれば遠慮無くご連絡頂きたい。この記事を読んで頂けたのも何かの縁だ。あなたの独立が成功するように、多くの内装工事会社を見てきた経験から適切なアドバイスをさせて頂く。

問い合わせ/アーキクラウド

 

【記事監修】 山田 博保
店舗ビジネス&建築マーケティング/一級建築士     
建築業界での経験を活かしたWEBメディアを運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBコンサル事業、コンテンツ販売事業にも携わる。Facebookお友達申請大歓迎です。その他WEB集客、自社メディア構築、ビジネスモデル構築に関するコンテンツは公式サイトより。
この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ