新規経営者なら知っておきたい居酒屋内装デザインの傾向と最新事例について

飲食店にとって内装デザインは集客上、切っても切り離せないほど重要な要素だ。何故ならお客様は、お店の空間を含めて料理を楽しむからだ。

どれだけ料理が素晴らしくても、その空間がそれに見合うものでなければ、料理の価値が半減してしまうだろう。それは居酒屋も例外ではない。

特に居酒屋の場合は非日常を求めて来店するお客様が多いの特徴だ。その様なお客様を満足させるためにも、内装デザインは徹底的にこだわり、非日常の空間を味わってもらうことが重要となる。

 

居酒屋オーナー自らが内装デザインに積極的に関わろう。

内装デザインは非常に専門的な分野であるため、内装工事業者にお任せというオーナーが多いのは事実だが、それは良くない。内装デザインはお店のコンセプトと密接に関わるからだ。

コンセプトとデザインは一体でなければならない。何も専門的な知識を付ける費用は無い、ただ、大きな方向性を定める必要はある。

下記に居酒屋の内装工事のパーツ別の最新事例をご紹介する。どの様なデザインがあり、どの様なコンセプトが込めれているのか確認して欲しい。

 

エントランスデザイン

<kitaohji.co.jp>

和の要素を積極的に取り入れている。のれんは本来、日よけや目隠しの機能とため用いられていたが、今回の場合はサイン(看板)としての役割が大きい。のれんを設置することで和の要素が強く表に現れている。左側面の土壁風の仕上げも和の要素を引き立てている。この壁の様に外と内を同素材にすることで、内外を一体としてお客様をスムーズに店内に引き込む手法は良く使われる。非常にシンプルでコンセプトが浮き立つエントランスだ。

 

<uds.gnst.jp>

木を多用した温かみのあり気品溢れるエントランスだ。無表情となりがちな壁面に格子状の木を用いることで、存在感を表現すると同時に、単調さを回避するため、床のタイルは菱形状に配置して全体のバランスを保っている。天井は折り上げ、折下げ天井部分に間接照明を配置するという高度な遊び心も垣間見れる。和の要素を強調しつつも、硬くなり過ぎない様に工夫されたデザインである。

 

<uds.gnst.jp>

レンガと木という相塗れる素材を組み合わせることで、厳格さのない、敷居が低く、誰でも入りやすいエントランスデザイン。大手チェーン店の場合はこの様にあえて、ポピュラーなデザインを選択することで、若者からファミリー層まで幅広く集客をする戦略が取られることが多い。

 

ホールデザイン

<uds.gnst.jp>

四人掛けのテーブル。和風居酒屋の場合、シンプルなデザインが主流なため、どうしても無機質な内装となることが多いが、この場合は壁面に格子状の装飾を施すことで、壁面の表情を出している。また、その壁面上部に間接照明を施すことで、さらに壁面の存在を大きくしている。簡素で上品かつ存在感のある空間演出に成功した例と言える。

 

<uds.gnst.jp>

和と洋を取り入れた比較的大きなホールデザインだ。レンガ、ソファといった洋の要素と松、木といった和の要素が絶妙なバランスで組み合わさっている。一見費用が高そうだが、天井をスケルトンとすることで、イニシャルコストを抑えてる。天井と床を黒くすることで、天井にむき出しとなっている設備機器の存在感を上手に消している点は見事だ。

 

<uds.gnst.jp>

半個室風の2掛けテーブルだ。若者をターゲット層とした場合、この様なパブリックとプライベートの中間的な個室の需要は高い。今回の事例の様に椅子にはクッション性のある素材を使用するなど、工夫次第では、癒し空間としての演出も可能だ。

 

個室デザイン

<kitaohji.co.jp>

厳格な個室空間を演出したデザイン。床の間風棚にはアート作品を飾ることで場のベクトル付けをし、珪藻土の壁には間接照明を用いることでさらなる素材感の演出を図っている。無駄の無い緊張感のある空間だ。

 

<uds.gnst.jp>

掘りごたつの和風個室だ。緑色を中心とした珍しいカラーリングが特徴だ。緑色には安全、安心といったイメージがあり。癒しの効果が強いのは意外と知られていない。ただ、植栽も緑ということからも理解はできるのではないだろうか。今回も緑を多用するこで、落ち着きのある癒し空間を演出することに成功している。

 

<uds.gnst.jp>

和洋折衷のアバンギャルドな個室空間だ。竹のプリントシート、レンガ風、曲面をもつ木仕上げなど、複数のエレメントで構成することで、個性的な空間を生み出している。訪れるお客さまの気持ちを高揚させる方法として、非常に優れた方法と言える。

 

カウンターデザイン

<kitaohji.co.jp>

高級感を演出するには無垢材によるカウンターは必須だ。料理人と客及び客同士の一体感を生むことができる。またカウンターはお店の顔とも言える重要な場なので、正面だけでなく側面も手を抜かずにしっかりとデザインを施すことが重要だ。

 

<uds.gnst.jp>

厨房丸見え型のカウンターだ。料理を待っているお客さまを飽きさせない方法とし最高の演出だろう。

 

間仕切り、パーティションデザイン

<kitaohji.co.jp>

木格子による典型的なパーティションだ。和風の居酒屋にはこの手法が最もマッチすると言っても過言ではない。

 

<a248.e.akamai.net>

ガラスのローパーティションによる間仕切。現代風居酒屋にはもってこいの素材だ。透明度は貼るフィルムで調整できるので、どの程度プライバシーを保ちたいかなど、その場の特性によって自由に変えることができる。

 

<uds.gnst.jp>

柱の様に太い格子で空間を仕切っていく方法だ。プライバシーの確保というよりかは、各席の領域を緩やかに仕切っていく方法として有効となる。

 

装飾デザイン

<uds.gnst.jp>

書院造りの床の間を現代風にアレンジしている。違い棚の奥には間接照明が仕込まれていて、壮大な演出がされている。

 

<uds.gnst.jp>

座敷に座ると松の木が見えるという粋な演出。大徳寺孤篷庵を彷彿させる空間だ。

 

まとめ

居酒屋のデザインには様々なものがある。最近は目を引くデザインが多いが、重要なのはその奥に秘められたコンセプトだ。お客様にどの様な気持ちで空間を使ってもらいたいか。その意図をデザインに落とし込まなければならない。あなたのお客に対する思いを内装工事会社と十分に相談して現実のものとして欲しい。

アーキクラウドでは居酒屋の内装デザイン工事の経験が豊富な内装工事会社を無料でご紹介するサービスを実施している。もし内装デザインで悩んでいるのであれば是非活用して頂きたい。

「内装工事見積もり比較/アーキクラウド」

 

 

株式会社 アーキバンク
株式会社アーキバンク
建築に関わる専門知識、経験を活かし、建築や内装に関わる「ヒト」「モノ」「サービス」を効率的かつ有効に結びつけるため、建築関連のWEBメディア事業を中心に、WEBコンサルティング事業を展開。
この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ