ラーメン屋の開業資金と黒字経営を続けるための3のポイント

これから、ラーメン屋を開業しようとするあなたにとって、開業資金は最も気になる項目ではないだろうか?何故なら開業資金の全体像が見えなければ、融資など借入の準備を進めることができないし、内装工事の予算を組むこともできない。

開業資金を把握することが、開業の出発点と言っても過言ではない。しかし、今まで料理人としてラーメン屋で修行をしてきたあなたにとって、開業資金と言われてもピンとこないというのが正直なところではないだろうか?

今回はアーキクラウドの豊富な事例をもとに、ラーメン屋を開業する上で必要となる資金について分かり易く解説させて頂く。

ラーメン屋を開業する上で必要となる資金項目とは?

ラーメン屋を開業する上で必要な資金項目はおおまかに分類すると下記の3つになる。


・物件取得費
・内装工事費(厨房工事費)含む
・開業費

下記にそれぞれの特徴について記載する。

 

物件取得費とは何か?

物件取得費とは、店舗となる空き物件を契約する時に必要となる資金のことを言う。その中で最も大きいのが保証金だ。物件により異なるが、一般的には家賃の6ヶ月〜12ヶ月程度 が必要となる。

その名の通り、滞納や破損等があった時の保証として物件オーナーに預ける資金で最終的に返還されるものだ。

しかし、注意すべきは返還の条件だ。解約より6ヶ月後、次のテナントが決まってからなど、借り主にとって不利な条件となる場合があるので、契約時に保証金の返還については入念にチェックしておくべきだ。 特に保証金を次の店舗の開業資金に当てる計画をしている場合は影響が大きいので注意したい。

 

続いて必要となるのが初回家賃となる。当月の日払い分と翌月家賃を契約時に支払う形となる。ここで問題になるのが、契約日をいつにするかということだ。

一般的には内装工事開始日が契約日となることが多い。内装工事期間が仮に一ヶ月だとすると、その間は売上が無い状態で家賃を支払わなければならないので注意しなければならない。

しかし、物件オーナーによっては、お店のオープン日(内装工事終了後)を家賃発生日にしてくれることもあるので、契約前に交渉してみるのも良いだろう。しばらく空きが続いている物件であれば、契約時の条件として提示すれば了承してくれる可能性は高い。

 

続いて必要となるのが手数料だ。これは住宅を借りる時にも必要となるので理解し易いだろう。通常は家賃の1ヶ月分を仲介会社に支払う形となる。

 

物件取得費をシュミレーションしてみる

それでは実際に物件取得費をシュミレーションしてみよう。

<物件条件>
池袋駅徒歩10分 広さ:20坪 家賃:35万円

<保証金>6ヶ月
35万円×6ヶ月=210万円

<初回家賃>
35万円×1.6ヶ月=60万円

<手数料>
35万円×1.0ヶ月=35万円

<合計>
210万円+60万円+35万円=305万円

 

内装工事費はどの程度必要か?

内装工事費は、内装の仕上げからカウンターや椅子、椅子などの造作工事、外壁ファサードのデザインや、厨房工事、サイン工事、設備工事一式が含まれる。

ラーメン屋の場合、一般的には坪単価30万円以上は必要となるだろう。しかし、居抜き物件など既存の仕上げや設備を利用できる物件を活用すればそれ以下にすることが可能だ。居抜き物件ついては下記記事を参考頂きたい。

「居抜き物選びの3つのコツとポイントについて」

 

内装工事費をシュミレーションしてみる

それでは実際に内装工事費をシュミレーションしてみよう。条件は特に華美な仕様は施さずに一般的な仕様とする。最低限でも坪単価30万円は必要となるので、

30万円/坪×20坪=600万円

 

内装工事費を安くする方法とは?

内装工事費を安くするために必ず実施して欲しいのが見積もり比較だ。見積りを比較することで、競争原理が働き、内装工事費用は必ず安くすることができる。比較をしないのは、高い金額でもいいですよと公言しているのも同然だ。アーキクラウドではラーメン屋の実績が豊富な内装工事業者の見積り比較サービスを提供している。是非活用して頂きたい。

「内装工事見積り比較/アーキクラウド」

 

開業費とは何か?

開業費とは開業に向けて必要となる経費と考えると理解し易いだろう。例えばホームページの作成費用や、厨房機器や家具などの什器、食器など備品の購入費がそれにあたる。

厨房機器や家具は内装工事に含めることも可能だが、内装工事業者の経費が上乗せされるため割高になるので、ご自身で購入することをお薦めする。設置等は自分ではできないので、購入先のメーカーにしてもらうのが良いだろう。

 

開業費をシュミレーションしてみる。

<ホームページ作成費>:wordpressサイト
50万円

<厨房機器>
100万円

<家具類>
80万円

<備品>
30万円

<合計>
50万円+100万円+80万円+30万円=260万円

 

ラーメン屋を開業資金シュミレーション結果

上記で算出した各費用を合計してみる。

物件取得費:305万円
内装工事費:600万円
開業費:260万円

1,165万円

 

ラーメン屋で黒字経営を続けるポイントは?

まずは黒字経営の定義を考えよう。黒字経営は一般的には「毎月の売上」ー「毎月の支出」>0のことを示す。しかし、経営者としてお店をオープンする以上、稼ぎたいと誰もが思うことだ。

やはり利益ゼロでは納得はできないだろう。飲食店の場合、売上高に対する利益率は一般的に10%と言われている。ということで、最低でも10%の利益を出すことを黒字経営の定義とする。

 

固定費がすべてのベースになる

固定費は毎月必ず必要となる支出のことを言う。また固定費には2種類あり、キャッシュが発生するものと発生しないものがある。前者は売上が全くのゼロでも発生する費用なので必ず把握しておきたい。

固定費(キャッシュあり)

物件家賃:35万円

固定費(キャッシュなし)

減価償却費:780万円÷36ヶ月21.6万円

減価償却費とは設備投資費など固定資産となるものについて、その資産の目減りを毎月の支出として処理でけきる会計上の仕組みのこと。今回は固定資産となる内装工事費(600万円)と家具(80万円)、厨房機器(100万円)、合計780万円を計上した。

よって固定費の合計は46.6万円となる。

固定費:46.6万円

 

黒字経営のための売上高を想定してみる

続いて、固定費から黒字経営にするための毎月の売上高を想定してみる。そのために必要となるのが変動費だ。変動費とは、毎月金額が変化する支出のことで、材料原価や人件費、光熱費などがそれに当たる。10%の利益も含めて、変動費は毎月の売上高の75%程度にするのがベストだ。そして、変動費から売上高を算出する式が下記となる。

売上高=固定費÷(1ー変動費率)
=50万円÷0.25
=186.4万円

よって10%の利益を出すために最低限必要な売上高は、
186.4万円

 

目標売上を実現するための経営術とは?

それでは黒字経営にするための売上高を実現するためにはどの様な経営をすれば良いのだろうか?まずは顧客単価を1,000円/人で想定してみる。
1,864,000円÷1,000円/人=1,864人

毎月月曜日を定休日とすると、月の営業日は24日
1,864人÷24日=77.66人/日

営業時間を11:00〜21:00合計10時間とすると、
77.66人/日÷10時間=7.7人/時

つまり1時間当たり8人以上の回転率が求められるということになる。この数値をベースに客席のレイアウトやメニューや料金を設定していくことになる。

 

目標となる売上を達成できない場合のポイントとは?

もし目標となる売上高が達成できないのであれば、必ず対策をして欲しい。その方法は簡単だ。支出を減らすか売上を上げるかどちらかだ。しかし、ご存知の通り、売上を急に上げることはできない。

最も簡単な方法は、支出を減らすことになる。しかし上述した固定費は毎月決められた支出になるので減らすことはできない。となると、最後に残るのは変動費ということになる。原材料費やスタッフ又はあなたの人件費を削るなどの努力はすぐに効果がでる。

これらを実施しながらメニューの改良や集客方法など売上アップのための対策を考えれば良い。今回の記事を参考に是非ともラーメン屋開業を成功して頂きたい。

 

また、アーキクラウドでは、これから店舗を開業するオーナー、オフィスを開設する経営者向けの資金調達支援サービスをご提供している。

日本政策金融公庫や銀行など金融機関から思うような金額の融資が降りなくても、当サービスをご利用して頂いた方の95%以上が審査を通過し、見事に融資を獲得してる。

内装工事費に関わらず、開業資金全般、運転資金などあらゆる資金の調達が可能となるので是非ご利用頂きたい。

「経営者、店舗オーナーのための資金調達支援サービス」

 

 

株式会社 アーキバンク
株式会社アーキバンク
建築に関わる専門知識、経験を活かし、建築や内装に関わる「ヒト」「モノ」「サービス」を効率的かつ有効に結びつけるため、建築関連のWEBメディア事業を中心に、WEBコンサルティング事業を展開。
この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ